FC2ブログ

野田首相は「大連立」に舵を切ったか?

8月10日(金)
 「近いうちに国民に信を問う」
 8日夜の野田首相と自民・谷垣総裁との差しの会談、続いて公明・山口代表を交えての党首会談で、政局は明らかに解散・総選挙に向けて動き出した。消費増税を中心とする社会保障と税の一体改革関連法案が成立すれば「近いうちに信を問う」というのだから、東京・永田町に吹く解散風は風速を増すことはあっても、静まることはない。
 野党各党、特に自民党はお盆休みに選挙区の態勢づくりを強化するよう檄を飛ばしており、玄葉外相さえも「ポスターの写真を撮る」と、解散は既成事実のように動き出している。
 これに対し民主党の輿石幹事長は「解散できる状況にない」と不快感をあらわにし、本年度予算の赤字公債特例法案や1票の格差是正の選挙制度改革法案の処理など片付けなければならない重要な問題があると語っている。執行部内に解散の先送りを主張する声もあるが、もはや流れは止まらない。
 そうした状況下で何が起きるのか。執行部が解散風の沈静化に躍起となっても、党内の増税反対派が解散の流れに戸惑う若手議員らを巻き込んで党内対立が再現するかもしれない。対立は秋の党代表選に向けて「野田降ろし」となって現れることも否定できない。
以下の項目は次のとおり。
①「解散権」の建前論で通した議員総会
②「近いうち」の密約を生んだ野田・谷垣会談
③菅政権終盤の延命策は無理
④首相の狙いは「大連立」への布石か
(注)全文は「徒然日記」http://futenma.dtiblog.com

08/09のツイートまとめ

nobuo_ogata

衆院三重3区候補 自民、准教授擁立へ - MSN産経ニュース 自民県連は考えが甘すぎる。地盤が強固な岡田の対抗馬に地元とは縁もゆかりもない札幌出身の准教授を検討中とは?立てるなら余程知名度のある人物でないと勝てない。三重の県民性を考えると。http://t.co/JkNdupjn
08-09 06:29

プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索