FC2ブログ

「直勝内閣」

9月30日(金) 
 就任以来、増税路線を蘇らせた野田首相は、片山虎之助元総務相(たちあがれ日本)が参院予算委員会で追及したように「直勝内閣」だった。
 財務省事務方トップの勝栄二郎事務次官の思惑通りに動いている。首相は財務相当時から、事のほか財務省が言う〝財政再建〟に熱心だったし、民主党代表選でも大連立、増税路線を大々的に主張していた。ところが代表選に本命と目される前原元外相が名乗りを上げるや、一転して増税路線を修正していた。
 首相は昨年秋の急激な円高局面でも明確な考えを示せず、産業界をがっかりさせたのは周知のとおり。「適切に対応したい」が口癖だったが、マーケットに「口先介入」もできない頼りない財務相と悪評たらたらだった。
 ところが、首相就任後は堂々と増税を指示するようになった。
 大震災の復旧・復興に新たな財源を求めるのは仕方がない面はあるが、それが今増税をすべき、できる時期かどうかは経済の疲弊した現状を見れば、できない、すべきでないことは明らかだ。
 本人は否定するが、「直勝内閣」なのは間違いない。財務省の高笑いが聞こえる。
プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索