FC2ブログ

01/04のツイートまとめ

nobuo_ogata

@hharukun 政権に情報が集まらなくなった、情報が取れなくなった。政権は見てのとおり、その日暮らし。官僚も十分相手をしてくれない。「政務三役でやれば!」といった調子かな。だから、テレビにもネタが舞い込まなくなった。取材力の問題では…。
01-04 23:34

@hharukun 政権に情報が集まらなくなった、情報が取れなくなった。政権は見てのとおり、その日暮らし。官僚も十分相手をしてくれない。「政務三役でやれば!」といった調子かな。だから、テレビにもネタが舞い込まなくなった。取材力の問題では…。
01-04 23:32

@masako178  「船大工の棟梁と女将」は、登場人物の貴久女将の求めで鳥羽の老舗旅館「海月」のホームページの「海月の歴史」として載っています。
01-04 22:01

@makiko515 お役に立てば幸いです。残り3カ月の学生生活を目いっぱい楽しむといいですね。若いってうらやましい。今夜、首相の年頭会見について少々長めのコラム、深層を書きます。目下、湯上りの火照りを冷まして2本目に取り掛かる。
01-04 21:58

@owlcato  ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」は、戦争直後の状況描写ですが、軍政下の沖縄にも同じような光景があったようです。私が足を踏み入れた時ももちろん軍政下でした。貧しかったが、今思い出すと今ではなくなった古い沖縄の良さがいっぱいありましたね。
01-04 19:56

@masako178 ずいぶん前のエッセーをお読みなったのですか。貴久女将に案内され宿に泊まって話を聞き、興味深さに押されて書きました。伊勢湾の時も大変だった思いますが、被害は愛知の方が大きかったようです。青い海に抱かれる、そんな何とも言えない自然がすばらしい。是非一度どうぞ。
01-04 19:50

@hharukun この10年というと、バブル崩壊で大混乱した時期。新聞メディア自体に特に変わったことはないが、TVキー局は各地にUHF局を盛んにつくり出した時期でもあり、政府の電波行政の影響力が強かった。民放各局は取材力は強くない。通信社が大体カバーしてくれる。
01-04 13:37

@makiko515 フォローありがとうございます。考え、趣味多彩な学生さんですね。臆せず人に当たる、聞くように心掛けてください。私で可能なことは即応えますよ。Webはhttp://www.maroon.dti.ne.jp/k-uchina.yamato.72-5-15/を参考に
01-04 12:37

@nobuko_kosuge 的確な指摘です。魑魅魍魎の世界だから心底惚れ込んだ親分はいないと思いますが、政治家たるもの、最低限の哲学を持って事に当たらないといけません。「就いた別れた」は芸能界の話だけではありません。その見極めを忘れるようでは政治家の資格なし@masako178
01-04 12:24

@asano_eiko お褒めの言葉をありがとうございます。これからのお付き合いもよろしくお願いします。
01-04 10:32

続きを読む

01/04のツイートまとめ

nobuo_ogata

@hharukun 政権に情報が集まらなくなった、情報が取れなくなった。政権は見てのとおり、その日暮らし。官僚も十分相手をしてくれない。「政務三役でやれば!」といった調子かな。だから、テレビにもネタが舞い込まなくなった。取材力の問題では…。
01-04 23:34

@hharukun 政権に情報が集まらなくなった、情報が取れなくなった。政権は見てのとおり、その日暮らし。官僚も十分相手をしてくれない。「政務三役でやれば!」といった調子かな。だから、テレビにもネタが舞い込まなくなった。取材力の問題では…。
01-04 23:32

@masako178  「船大工の棟梁と女将」は、登場人物の貴久女将の求めで鳥羽の老舗旅館「海月」のホームページの「海月の歴史」として載っています。
01-04 22:01

@makiko515 お役に立てば幸いです。残り3カ月の学生生活を目いっぱい楽しむといいですね。若いってうらやましい。今夜、首相の年頭会見について少々長めのコラム、深層を書きます。目下、湯上りの火照りを冷まして2本目に取り掛かる。
01-04 21:58

@owlcato  ジョン・ダワーの「敗北を抱きしめて」は、戦争直後の状況描写ですが、軍政下の沖縄にも同じような光景があったようです。私が足を踏み入れた時ももちろん軍政下でした。貧しかったが、今思い出すと今ではなくなった古い沖縄の良さがいっぱいありましたね。
01-04 19:56

@masako178 ずいぶん前のエッセーをお読みなったのですか。貴久女将に案内され宿に泊まって話を聞き、興味深さに押されて書きました。伊勢湾の時も大変だった思いますが、被害は愛知の方が大きかったようです。青い海に抱かれる、そんな何とも言えない自然がすばらしい。是非一度どうぞ。
01-04 19:50

@hharukun この10年というと、バブル崩壊で大混乱した時期。新聞メディア自体に特に変わったことはないが、TVキー局は各地にUHF局を盛んにつくり出した時期でもあり、政府の電波行政の影響力が強かった。民放各局は取材力は強くない。通信社が大体カバーしてくれる。
01-04 13:37

@makiko515 フォローありがとうございます。考え、趣味多彩な学生さんですね。臆せず人に当たる、聞くように心掛けてください。私で可能なことは即応えますよ。Webはhttp://www.maroon.dti.ne.jp/k-uchina.yamato.72-5-15/を参考に
01-04 12:37

@nobuko_kosuge 的確な指摘です。魑魅魍魎の世界だから心底惚れ込んだ親分はいないと思いますが、政治家たるもの、最低限の哲学を持って事に当たらないといけません。「就いた別れた」は芸能界の話だけではありません。その見極めを忘れるようでは政治家の資格なし@masako178
01-04 12:24

@asano_eiko お褒めの言葉をありがとうございます。これからのお付き合いもよろしくお願いします。
01-04 10:32

続きを読む

プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索