FC2ブログ

軽減税率の調整は増税先送りの前兆だ

消費増税を巡る軽減税率の調整進む?何だかおかしくはないか。

そもそも今の経済状況で消費税の再引き上げなどできるのか。

アベノミクスの失敗が公然と語られる中で、

またも前回の解散と同様に「消費増税先送り」で解散(参院選との同日選)をもくろんでいるのではないか、と私は見る。

http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112401001315.html … 

前回の解散はご承知のごとく「アベノミクス解散」などと自ら命名、

「この道しかない」とデフレからの脱却を錦の御旗に経済を前面に打ち出し勝利した。

ところが勝って多数を占めたとたんに解釈改憲で集団的自衛権行使を可能にし、

安保法制をごり押しで成立させた。

安倍政権の次の目標は憲法改正と自ら公言している。

来年の参院選に併せて衆院の解散・総選挙を実施、

絶対多数を占めて改憲に突き進もうとする安倍戦略は明白だ。

首相はその伏線として、

既に得体のしれない「新3本の矢」などを持ち出し、

アベノミクスは第2ステージ入ったなどと、

参院選を前にまたまた目くらましの「経済」の大風呂敷を広げている。

景気の現状はお世辞にも良いとは言えない。

消費不振、輸出低迷、設備投資も期待できない。

そんな日本の現状を見て、海外の有力メディアはアベノミクスの失敗を堂々と言っている。

ところが、国内メディアは首相の気持ちを忖度してか煮え切らない論評をするだけだ。

前回のアベノミクス解散は消費税の再引き上げ先送りを理由としたが、

世論は2年続きの消費増税に反対だった。

にもかかわらず、首相は増税先送りを解散の理由とした。

現行の8%から10%への再引き上げは、

「リーマンショック並みの経済状況」が起きない限り予定どおり実施すると首相は断言するが、

ここまで言い切った引き上げを再度の先送りするとなれば、

これこそ解散の大義名分となると考えるだろう。

消費増税を巡る与党内の軽減税率の論議は、

来年の衆参同日選挙をにらんだアリバイづくりと見るべきだ。



プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索