FC2ブログ

政治主導が機能していない

復興庁は31日、政府が2012年度中に使う予定だった東日本大震災の復興費9兆7402億円のうち、

35・2%に当たる3兆4271億円が使われなかったと発表。

11年度には復興費の39・4%に当たる約5兆9千億円が使われておらず、

国と地元自治体の調整の遅れや人手・資材不足を背景に、復興が想定通り進まない実態が浮き彫りになった。

 事業別では災害復旧の公共事業と除染の費用の60%以上が使われていないことが目立った。


使い残した復興費のうち約2兆2千億円は13年度に繰り越し、約1兆2千億円は「不用額」として復興特別会計などに繰り入れ、あらためて復興事業に割り当てる。


2013/07/31 11:00 【共同通信】

     ☆    ☆


予算が執行されなかった理由は記事にあるとおりだが、


その背景に中央省庁の縦割り行政があることを忘れてはならない。


短期間で被災地を復旧、復興させることは、今回の大震災が「2度目の敗戦」


と位置付けられることから、政治の役割がかつてないほど求められていた。


にもかかわらず、政治は何をしたか。


民主党政権の体たらくは思い出したくもないが、せっかくの政権交代後も、


前政権当時の復興路線が踏襲されていたことを悔やまざるをえない。


復興庁は形の上では各省庁を統括するとされるが、実態は省庁の裁量を温存したままで、


そこに、省益がまかり通っている。


せっかくの予算が執行されない理由とされる「人手・資材不足」は、その気になれば


政治判断で被災地に集中することはできる。


国と自治体の調整の遅れも、元をたどれば柔軟性を欠いた制度に原因がある。


国民から広く「復興税」を徴収しておきながら、「使われなかった」では国民は納得しない。


復興予算の「流用」などもってのほかだが、


用意された予算の35%も使われなかった現実を猛省してもらいたい。

プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索