FC2ブログ

投票は有権者の最低の義務です

さぁー、今日は参院選の投開票日。



天気はまずまずだし、行楽に出掛ける人もかなりいるだろう。



そこで心配になるのが投票率だ。



期日前投票は前回参院選より11ポイントも増えているようだ。



だが、本番は今日である。



報道各社の世論調査によると、



「必ず投票に行く」「投票に行くと思う」


は合わせると70%を超え、80%にも届くらしいが、本当だろうか。



というのも過去の国政選挙の事前世論調査でも、


「投票に行く」は積極的、消極的を合わせると7~8割に達している。


ところが実際は5~6割弱にとどまっている。


この落差をどう見るか。


有権者の声を聞くと、


世論調査の時点で「行く」と答えても、当日になると「投票しても何も変わらない…」


と〝変身〟するらしい。


だが、こんな無責任なコメントはない。


投票もしないで「何も変わらない」は、有権者としての責任放棄でしかない。


こういう人に限って、政治への不平・不満は声高だ。


文句がありながら、投票に行かないのでは誰も納得しないし、政治の劣化を放置する。


東京在住の外国特派員の反応は極めて厳しい。



「日本の有権者は本当に政治と日本の将来を心配しているのでしょうか」と。



鳴り物入りの世論調査だが、有権者は必ずしも本気で答えているのかどうか疑わしい。



自公両党の圧勝間違いなしの事前予測だが、勝敗の行方は10時間後には大方判明する。



皆で注目しよう。勝敗だけでなく、投票率の虚実も。
プロフィール

gatayann

Author:gatayann
尾形宣夫。
ジャーナリスト。世の中の様々な出来事を簡潔な言葉でまとめた日記です。タイトルは肩ひじ張らずに「ありのまま記」としました。

訪問者、大歓迎です→
社会・経済ランキング

本Webは私の2本のブログに続くものです。HPはhttp://bit.ly/hxZoUw、オフィシャルサイトはhttp://futenma.dtiblog.comです。あわせてお目通しをお願いします。

☆「運命の島 オキナワ」=副題「幸せは珊瑚礁の彼方に」(文芸社)
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%BE%E5%BD%A2-%E5%AE%A3%E5%A4%AB/e/B009PAT28C

1942年宮城県生まれ。
1967年中央大学法学部卒業。
共同通信編集委員室編集長・論説委員、編集委員室次長・論説委員を経て2002年11月定年退社。元共同通信社客員論説委員。
日本自治学会理事。政策情報誌元編集長。分権型政策制度研究センター(RCD)委員。
分権ジャーナリスト会(東京)。神奈川県鎌倉市在住。





(2011年8月10日~)


最新記事
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
普天間飛行場の辺野古移設
最新記事
最新コメント
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索